CLASS C IP CHECKER

インターネットに他のデバイスに接続するすべてのデバイスは、固有のIPアドレスが割り当てられます。システムは、分散ネットワーク上でお互いを見つけるためには、インターネットのように、ネットワーク上の各ノードには、固有のアドレスが割り当てられています。

このアドレスは、一般に「IPアドレス」またはとして知られている「IP」。IPアドレスは、ネットワークとネットワークのホストを識別する二つのサブアドレスから成る32ビットのバイナリアドレスです。IPアドレスは、(。)小数点以下のフォームで区切られた0から255までの数字4組で構成されています。たとえば、192.68.100.4は、有効なIPアドレスです。

あるIPアドレスの5つのクラスがあります。

  • クラスA

    クラスの最初のビットは、アドレスは、常に、それが唯一のアドレスのネットワーク部分のために7ビットを残す0に設定されています。127.0.0.0 – クラスAアドレスが0.0.0.0の範囲です。それだけで128のネットワーク番号があることを意味します。

  • クラスB

    クラスBアドレスの最初のビットは常に1に設定され、第2ビットは、それが16,384ネットワークは、クラスBのアドレスを割り当てることができることを意味する0に設定されています。191.255.0.0 – 数字は、128.0.0.0の範囲です。

  • クラスC

    クラスCのアドレスは、その最初の2ビットは1に設定されている、第3ビットは、それが2,097,152ネットワークアドレスのこのクラスを割り当てることができることを意味する0に設定されています。223.255.255.0 – 数字は、192.0.0.0の範囲です。

  • クラスD

    クラスDアドレスは、それらの最初の3ビットは1に設定されており、第4ビットは、アプリケーションをマルチキャストするために使用される0クラスDアドレスに設定されています。数字は、224.0.0.0の範囲 – 239.255.255.255とマルチキャストグループのために予約されています。

  • クラスE

    クラスEアドレスは、実験やテストのために予約されており、任意の標準形で利用されていませんでした。

クラスAとBは、非常に大規模および中規模の組織に割り当てられています。クラスCは、中小企業に割り当てられたアドレスの中で最も人気のあるクラスであり、最も使用されるIPアドレスです。中小のインターネットサービスプロバイダは、彼らが顧客に割り当てるクラスC IPアドレスのプールを購入します。インターネットサービスプロバイダは、顧客への動的(共有)IPアドレスを提供しています。この理由は、それらが共有されているので、彼らはより安く、より人気があるということです。第二に、IPアドレスを割り当てられているユーザーは、それら24/7を使用しないでください。だから、ときに、ユーザーのサインやウェブサイトへのトラフィックがないが、そのIPアドレスは、他のユーザーやWebサイトに割り当てられています。

Cクラスの動的IPアドレスの長所は、彼らが安く、Webサイトやインターネットのヘビーユーザーでないユーザーのために、より実現可能であるということです。あなたがあなたの家の無線LANを共有する5人を持っている場合は、動的アドレスを割り当てられます、そしてあなたがインターネットを使用していないとき、あなたのアドレスがでだけ兆し別のユーザーに割り当てられます。あなたは再び、インターネットを使用すると、異なるIPアドレスが割り当てられます。このIPアドレスは、インターネットサービスプロバイダーが購入したクラスCのIPアドレスの使用可能なプールから割り当てられます。

動的クラスCのIPアドレスが複数のノード間で共有されているように、それらに関連する危険性があります。あなたのウェブサイトは動的なCクラスIPアドレスを持っている場合、それはあなたのウェブサイトのランキング検索エンジンや、あなたのSEOの努力に影響を与えることができる無駄にすることができます。あなたがブラックリストに載ってますと同じIPアドレスを共有しているウェブサイトならば、あなたのウェブサイトはまた、ブラックリストに載ってしまうかもしれません。検索エンジンは、ウェブサイトをブラックリストに載せときに起こります。それはちょうど、そのドメイン名ではなくIPアドレスでだけでなく、ウェブサイトをブラックリストはありません。彼らはIPアドレスは、ドメインの一意の識別子であるとして、そのIPアドレスによってそうウェブサイトを訪問したときにエンジンを検索します。インターネット・サービス・プロバイダは、この可能性を予見し、ウェブサイトがブラックリストに載ってしまった場合、それらは同じ動的なクラスCのIPアドレスを共有していた他のウェブサイトに新しいIPアドレスを割り当て直します。

インターネットサービスプロバイダは、彼らのホスティングサービスプロバイダシステムが「クリーン」と悪質な攻撃の影響を受けないままであることを保証するためにファイアウォールやその他の必要なアプリケーションやハードウェアをインストールします。ハッカーや他の悪意のある人々は絶えずウェブサイトにして、分解し、それらのインターネットサービスプロバイダを損傷しようとする際に従事しているとして、自社のネットワークとホスティングサービスを保護するための措置をとることを余儀なくされています。

あなたは自分のウェブサイトのホスティングサービスを購入した場合、あなたは他のウェブサイトが同じクラスCのIPアドレスを共有しているかを知るために好奇心旺盛になります。それはあなたのウェブサイトはIPアドレスのこのクラスを割り当てられていることと、アドレスが他のウェブサイトと共有されていることが最も可能性がありますので。

あなたはsmallseotools.comからバルクIPチェッカーを使用することができます。ただ、「クラスC IPチェッカー」アイコンに検索ブラウザとスクロールからsmallseotools.comに移動し、それをクリックしてください。それとも、コピー/検索ブラウザのアドレスバーにsmallseotools.com/class-c-ip-checker/貼り付けることができます。

表示ページでは、少なくとも2と20人のドメイン名の最大値を入力する必要があります。ドメイン名を入力したら「今すぐ確認」ボタンをクリックしてください。ユーティリティは、テストを実行し、結果を返します。

結果では、それはあなたが入っていたことを、ホスト名が表示され、各ホスト名に対して、それは彼らのIPアドレス、クラスC、およびステータスを表示します。

結果はあなたに同じクラスCのIPアドレスを共有しているホストが表示され、ステータスが「有効」であるならば、すべてがOKです。このIPアドレスの重複チェックは、他のウェブサイトが同じIPアドレスを共有しているかを知ることが便利です。

あなたは、クラスCのIPアドレスのチェックをいつでも実行するために、いつでもsmallseotools.comからこの気の利いたツールを使用することができます。

このほかから、あなたはバルクIPブラックリストチェッカーを実行することができます。あなたは、インターネット上のいくつかのサイトからこのチェックを実行することができます。ウェブサイトは清潔で、使用中のツールは、ウイルス、スパム、マルウェアから保護するために場合は、このテストは表示されます。

他の言語: English, русский, 日本語, italiano, français, Português, Español, Deutsche, 中文