ONLINE MD5 GENERATOR

これは、文字列のMD5ハッシュを生成できる使いやすいツールです。このツールを使用するには、MD5に変換するテキストを下に入力し、[生成]ボタンをクリックします。

ここにテキストを入力するか貼り付け
image of reset text

MD5はまた、「メッセージダイジェスト」として知られている暗号学的ハッシュ関数アルゴリズムです。これは、一方向ハッシュ手順によって生成された一連の数字が含まれています。メッセージダイジェストは、特別情報またはメディアのピースの完全性を保護するために、メッセージの任意の部分への変更及び改変が存在するかどうかを識別するように設計されています。

メッセージダイジェストは、ランダムなサイズのデータを取り、固定長のハッシュ値を生成する一方向ハッシュ関数を保護しています。

MD5の主な機能は、暗号化ハッシュ値を計算することです。ハッシュ関数は、データのブロックを取得し、固定サイズのビット列またはハッシュ値でそれらを返すことですが。ハッシュ関数によって利用されてきたデータを「メッセージ」と呼ばれます。一方、算出したハッシュ値は、「メッセージダイジェスト」です。

MD5は、一緒に他のハッシュ関数を用いて、一般にデジタル署名およびメッセージ認証コード、ハッシュテーブルの索引付けデータ、ソートやファイルを特定し、意図しない検出にチェックサムとして機能するように、フィンガープリンティングのための複製データを、検出の作成に使用されていますデータの破損。

MD5ハッシュは、MD5ハッシュアルゴリズムは、同じデータセットに対して同じ結果を生成するユニークな方法を持っているので、ファイルのデータの整合性を確保するために使用されます。MD5のユーザーは、ファイルの送信先で新たに生成されたハッシュとデータ・ソースのハッシュを比較するために許可されています。これはハッシュが無傷でかつ不変であるかどうかを確認するために、ユーザーに役立ちます。

MD5ハッシュは、暗号化が、与えられた入力の指紋のみではないことを知っています。また、ユーザーは、元の文字列を回復するために生成されたMD5ハッシュを逆転することは許されないことを意味する、それは一方向のプロセスであることを理解しなければなりません。

私たちのMD5ハッシュジェネレータが提供するスペースに文字列を追加することによって動作し、私たちのMD5コンバータは、32進数の文字配列を使用してMD5ハッシュ、のためにユニークなデザインの暗号ハッシュアルゴリズムを使用してデータを計算します。

私たちのMD5ハッシュジェネレータは、リクエストの処理を完了したら、あなたはすでにあなたの受信者にMD5ハッシュを送信することができます。あなたはそれが割れたことによって、あなたのMD5ハッシュの整合性をチェックすることができます。それはあなたに同じ結果が得られた場合に文字列が検証されます。

このオンラインMD5はジェネレータツールを使用するには、任意の文字列のMD5ハッシュを生成することができました。これは、MySQL、はpostgressまたは他のデータベースにパスワード、クレジットカード情報、およびその他の機密データを符号化するのに非常に有用です。このツールは、PHPプログラマ、ASPプログラマ、およびMySQL、SQL、またははpostgressを使用するすべてのユーザーのために有益です。

MD5は、128ビット(16バイト)のハッシュ値を生成することができ、それは32桁の16進数の数によって特徴付けられます。

NO。それは、暗号化アルゴリズムではありませんので、あなたは、MD5の暗号化を解除することはできません。彼らは多くの場合、MD5は、データを暗号化することができると思いますので、多くの人がこのことについて混乱しています。どこ実際にはMD5暗号化機能はありません。これは、データのみの選択したセットのハッシュ値を計算することができます。

ここでも、答えはNOです。あなたは、ハッシュ関数は、一方向のみの手順で動作するため、MD5を逆転することはできません。MD5の発電機は、データのみまたはメッセージダイジェストを取得して、ハッシュ値を生成します。MD5のための逆の機能はありません。

MD5は可逆的ではない理由をよりよく説明するために、ここでの例です:我々はLETの言う75万文字のテキストデータにMD5オンラインジェネレータを使用する場合、我々は約32桁が消化されます。我々はこれを元に戻すしたいのであれば、どのようにシステムが75万文字が唯一の32桁から使用された時の精度を決定することができますか?これは、MD5の発電機は、単にこのような機能を持っていない理由です。

衝突MD5を取得できるようにするには、100年以上の間、毎秒60億程度のファイルをハッシュしなければなりません。あなたがより多くの本についてお知りになりたい場合は、パラドックスの誕生日をお読みください。

レインボーテーブルは、逆ハッシュルックアップテーブルとして知られています。この方法では、MD5は、与えられたデータまたはメッセージに対して同じハッシュ値を算出します。値を検索するためのブルートフォースを利用するためには非常に簡単です。例えば、一つは8つの文字(英数字の組み合わせ)のダイジェストを計算し始めることができると人はダイジェスト先のどのパスワードが一致知っているパスワードテーブルを見ることができます。

真実は、MD5は、非衝突耐性であることが認識されたされています。それはまた、あなたがこのMD5を使用する方法と場所に依存してもよいです。

MD5ハッシュは、任意の所望の長さの文字列を取得し、128ビットの指紋にそれを符号化することによって生成されます。常に同じ128ビットのハッシュ結果を生成するMD5発生器を使用して同じ文字列を入力します。MD5ハッシュは、通常、このような人気のあるMySQLのように小さい文字列作り、保存したパスワード、クレジットカード番号、またはデータベース内の他の機密データと一緒に使用されています。このオンラインMD5生成ツールは、ユーザーが迅速かつ長さは256文字までの基本的な文字列からMD5ハッシュをエンコードするための簡単な方法を提供します。

あなただけの基本的なチェックサムアルゴリズムとして、またはデータベーステーブル上の特徴的な制御のためにMD5を使用したいのであれば、それは本当によく動作します。MD5はとてもコンパクトで、それが唯一の唯一の32桁の数字を持っている想像してみてください。それはそれはあまりにも多くのストレージスペースを食べない理由で、スナップでハッシュを計算して生成する機能を持っています。ただ、パスワードのダイジェストやその他の非常に重要なセキュリティシステムのためにMD5を使用しないように留意してください。あなたの保護のためのインターネット上の多くのMD5のガイドラインを見つけることができます。あなたは適切にMD5を使用するためにこれらのガイドラインを使用することができます。

他の言語: English, русский, 日本語, italiano, français, Português, Español, Deutsche, 中文